【巨人】2022年「橙魂シリーズ」 5月、6月の6試合で開催

スポーツ報知
橙魂ユニホーム(球団提供)

 巨人は27日、ジャイアンツの監督、コーチ、選手がオレンジ色の「橙魂ユニホーム」を着用して試合に臨む「橙魂シリーズ」を、5月13日(金)~15日(日)の中日戦、6月21日(火)~23日(木)のDeNA戦の計6試合で開催すると発表した。5月13日と6月21日は「橙魂レプリカユニホーム」を来場者全員に配布する。橙魂シリーズ限定の映像やスコアボード表示などの企画も予定しており、それらの詳細や入場券の販売については後日発表される。

 「橙魂シリーズ」11年目の今季は、ユニホームのコンセプトを「原点回帰」とし、球団史上初のオレンジユニホーム着用となった2012年のデザインをモチーフとしている。さらに両袖部分やキャップには今季のキービジュアルのキャッチコピー「WELCOME TO DREAM TIME」があしらわれている。キャッチコピーをデザインしたユニホームは球団史上初。なお、2022年キービジュアルの詳細は、3月以降に発表する予定。

 また、2月1日(火)正午より、2022年橙魂グッズ「プロコレクション 2022 ユニホーム 橙魂」と、「GIANTS レプリカユニホーム【橙魂 2022】」の注文受付をジャイアンツオンラインストアで開始する。

▽グッズの詳細は以下の通り(金額はいずれも10%消費税込み)商品の詳細やお届け時期などについてはジャイアンツオンラインストアで要確認。その他のアイテムや、東京ドーム直営グッズショップ「G‐STORE」での販売予定は後日発表予定。

▼「プロコレクション 2022 ユニホーム 橙魂」 44,000円

全選手、監督、コーチ対応。オフィシャルサプライヤー契約を締結するミズノ社製で、選手がグラウンドで着用するものと同じデザイン、素材、製造工程で作られています。

※展開サイズはS/M/L/O/XO/2XO

▼「GIANTS レプリカユニホーム【橙魂 2022】」

背番号あり10,000円、無地7,700円

※展開サイズはSS/S/M/L/O/XO/2XO

※「背番号あり」は、原辰徳監督と吉川尚輝、坂本勇人、丸佳浩、松原聖弥、菅野智之、小林誠司、大城卓三、岡本和真の8選手以外の選手・コーチは受注生産となります

【橙魂シリーズ】

東日本大震災の復興支援を目指してスタートした企画で、選手らが着用した橙魂ユニホームを慈善オークションに出品し、売上を義援金として東日本大震災や大型台風の被災地に寄付するなど、当初から様々な復興支援を行った。今季も慈善オークションへの出品を継続するなど、本企画を通じて社会貢献の一助となれるよう取り組みを行う。

 問い合わせは「読売巨人軍公式WEBサイト」(https://www.giants.jp/)まで。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請