J2仙台の前監督・手倉森誠氏がタイ1部チーム監督に就任へ

手倉森監督
手倉森監督

 J2仙台の前監督・手倉森誠氏(54)が、タイ1部パトゥムの監督に就任することが27日、分かった。年俸などの条件面も既に合意しており、近日中に正式発表される模様。

 パトゥムは2020―21年シーズンでリーグ優勝を果たし、ACL出場権を獲得。今季もリーグ18戦終了時点で4位につけ上位争いを繰り広げている。ACLではグループステージ(GS)からの参戦で、グループGで全南ドラゴンズ(韓国)、ユナイテッド・シティ(フィリピン)、メルボルン・シティ(オーストラリア)と戦う。

 手倉森氏は、08年から13年まで仙台を率いて11年に4位、12年に2位の成績を残した。リオ五輪代表監督、ロシアW杯での日本代表コーチを経験し、19、20年は長崎、21年に仙台の監督に復帰した。しかし過去の躍進の再現は果たせずクラブは13年ぶりの降格。11月20日の湘南戦(0●2)後に辞任し、強化・育成スタッフの1人としてクラブに残っていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×