米ツアー本格デビューの古江彩佳「シードを取れるように頑張りたい」

スポーツ報知
古江彩佳

 米女子プロゴルフツアーの今季2戦目、ゲインブリッジLPGAはフロリダ州のボカ・リオGC(6701ヤード、パー72)で現地時間27日、開幕する。昨年12月の最終予選会を通過し、ツアーメンバーとしてデビューを迎える古江彩佳(富士通)、ツアー5勝の畑岡奈紗(アビームコンサルティング)、前週の開幕戦で6位の笹生優花(ICTSI)が大会前にWOWOWのインタビューに答え、意気込みを語った。

 古江は本格デビュー前の心境を「もう始まっちゃうんだっけ、という感じでまだ実感がはっきりとはない感じです」と笑顔で話した。米ツアーに向けては58度ウェッジに調整を加えたそうで、コースの印象を「バンカーが多い」と明かした。

 大会に向け「自分らしくできたらベストだと思う。フェアウェーキープからパーオンをしっかりして、その中でバーディーも取っていけたら。まずは予選通過を目指し、後は上位を目指して行けたら。シーズン全体はシードを取れるように頑張りたい」と思い描いた。

 畑岡奈紗(今週はコーチとともにスイングを修正)「徐々に感覚も良くなってきた。自分のベストを尽くして頑張りたい」

 笹生優花(上位争いへ、バンカーを警戒)「楽しんで良いゴルフができるように」

 ◆中継 全てWOWOWライブで ▼第1日・27日25時30分~▼第2日・28日25時30分~▼第3日・29日25時30分~▼最終日・31日午前4時30分~

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×