脳梗塞の71歳三遊亭円楽、復帰時期は未定…過去には18年肺がん、19年脳腫瘍と肺がん再発

三遊亭円楽
三遊亭円楽

 落語家の三遊亭円楽(71)が、脳梗塞(こうそく)で25日に都内の病院に入院し、治療を受けていることが26日、明らかになった。所属事務所が公表した。

 所属事務所によると、25日に自宅で倒れているのを家族が発見。午前中に都内の病院に搬送された。この日は講演会の仕事が入っていたがキャンセルした。事務所は「本人の意識はありますが、治療が続いていることと、オミクロン株の感染状況から家族の面会もままならないため、弊社でも詳細を把握しきれておりません」とコメント。「命に別条はないということと、新型コロナ感染症とは関連がないということは確かです」と報告している。関係者によると医師とのやりとりも行えているという。

 円楽が出演した直近の落語会は20日の栃木・佐野市の公演。その時は元気な姿を見せており、関係者は「いつも通りで変わった様子はなかった」と話した。

 出演予定だった週末の落語会などは代演の調整を行っており、2月1日に予定していた円楽プロデュース「江戸東京落語まつり2022」(3月開催)の記者会見も中止に。所属事務所は「復帰の時期は現時点では未定となっております」としており、関係者は「最低でも2月いっぱいは休みになると思う」とした。

 円楽は2018年10月に初期の肺がんの手術を受け、約1週間で復帰。19年7月に脳腫瘍で入院も8月には寄席に出演した。また、同年に肺がんが再発したことを20年に公表。高座では度々「芸人の前に病人ですから」と笑いに変え、病気と向き合っていく心構えを見せていた。

 日テレ系「笑点」(日曜・後5時半)のレギュラーであると同時に福岡、札幌などで会派を超えた落語まつりを企画するなどプロデューサーとしても活躍している円楽。元気な復帰が待たれる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請