【ボートレース】湯川浩司が初日ドリーム戦1号艇で登場…下関ミッドナイトボートレース

スポーツ報知
節目の1500勝まであと1勝の湯川

 初日のドリーム戦で1号艇に選ばれたのが大阪支部のトップレーサー湯川浩司。

 当地はG1初優勝を飾った思い出の水面だ。2005年の12月、4コースからコンマ01のスタートを決めて豪快にまくった。完全Vに王手をかけた1号艇の原田幸哉を攻略。湯川はここから出世。SG優勝4回、G1優勝12回とボート界を代表する選手になった。

 前検で引いたのは中堅クラスの35号機。「足はあまり良くないかも。体感が良くなかった。手前を求めて叩いて行ったけど、伸び切ってからが良くなさそう。整備士さんと相談してみる」とコメントした。

 前検気配ははっきり言ってあまり良くなかったが、現在通算1499勝。初日1勝すれば通算1500勝となる。ドリーム戦はインから逃げて人気に応えるか。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×