御嶽海、新大関口上「感謝の気持ちを大切にし自分の持ち味を生かす」伝達式後は足がシビれちゃった

昇進伝達式で「感謝」の思いを込めた口上を述べた御嶽海(代表撮影)
昇進伝達式で「感謝」の思いを込めた口上を述べた御嶽海(代表撮影)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇・御嶽海(29)=出羽海=の大関昇進を満場一致で決めた。長野県出身では雷電以来、227年ぶりの新大関が誕生。都内の部屋で行われた伝達式の口上では「感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進」と述べ、2006年夏場所の白鵬以来、史上9人目の新大関Vにも意欲を示した。

 御嶽海が待ちわびた瞬間がついに訪れた。土俵では見せない引きつった表情。口上を何度もつぶやいて準備し、迎えた午前9時39分。使者の春日野理事(元関脇・栃乃和歌)と大鳴戸親方(元大関・出島)が到着。両手のひらを地に着け、満場一致の推挙が報告された。一呼吸置くと、新大関は落ち着いた声でよどみなく言い切った。

 「大関の地位を汚さぬよう、感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進してまいります」

鯛を手に、親方や関係者らと笑顔を見せる御嶽海(代表撮影)
鯛を手に、親方や関係者らと笑顔を見せる御嶽海(代表撮影)

 口上には、長野・福島中(現・木曽町中)時代に学んだ文言を採用した。「感謝の気持ち」は、同中相撲部顧問だった安藤均さん(63)が常々、重視して教えた心得。「自分の持ち味を生かし」は、出羽海部屋の第28代・木村庄之助が同校に揮ごうし、2001年に建てられた石碑に刻まれていた言葉だ。相撲部は朝練前に、登校したら石碑を磨く習慣があり、3年間毎日触れた。故郷の思いを背負う新大関は、「一生に一度のことなので緊張しました。(口上は)満点です」と、笑顔を輝かせた。

主な大関昇進の口上
主な大関昇進の口上

 雷電以来227年ぶりの長野県の大関誕生に、「ちょっと雲の上の存在過ぎるので、自分がその後というのは荷が重たい」と苦笑いした。21年間の土俵人生で生涯10敗(254勝)の“伝説大関”雷電は、幼少期からの憧れだけに感無量だ。「雷電さんの大関が一番強いと思っていた。小学校の時は横綱より大関になりたかった。夢がかないました」。この日の正午には地元・上松町で祝砲が打ち上げられ、天国の“偉大な先輩”の元にも吉報が届けられた。

会見を終え立ち上がれなくなった御嶽海(左は母の大道マルガリータさん、中央奥は父の大道春男さん=代表撮影)
会見を終え立ち上がれなくなった御嶽海(左は母の大道マルガリータさん、中央奥は父の大道春男さん=代表撮影)

 角界随一の名門・出羽海部屋からは三重ノ海(後に横綱)以来、47年ぶりの新大関に期待は高まる。春場所は一人横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)と、貴景勝(常盤山)、正代(時津風)との3大関。期待の29歳は「その中でも一番目立ちたい。大関の地位でも優勝したい」と新大関V、話題独占を胸を張って宣言した。06年夏場所の白鵬以来史上9人目の新大関Vの偉業へ―。新大関が角界に新しい風を吹かせる。(竹内 夏紀)

 ◆大関に昇進すると…

新大関の優勝
新大関の優勝

 ▽月給 250万円で関脇から70万円アップする。横綱は300万円。

 ▽降下 2場所連続の負け越しで関脇に陥落。その翌場所で10勝以上すれば大関に復帰。

 ▽待遇 通例で年3回の東京場所は自家用車で両国国技館の地下駐車場まで入れる。飛行機はファーストクラスで新幹線はグリーン車。

 ▽化粧まわし 房に位の高さを表す紫色が使用可能。

 ▽横綱昇進 2場所連続優勝か、それに準じる成績が必要。

昇進伝達式で「感謝」の思いを込めた口上を述べた御嶽海(代表撮影)
鯛を手に、親方や関係者らと笑顔を見せる御嶽海(代表撮影)
主な大関昇進の口上
会見を終え立ち上がれなくなった御嶽海(左は母の大道マルガリータさん、中央奥は父の大道春男さん=代表撮影)
新大関の優勝
すべての写真を見る 5枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×