稲見萌寧が新ボールに手応え「全てがパーフェクト」 ブリヂストンゴルフ新商品発表会

スポーツ報知
新ボール発表会に参加した(左から)宮里聖志、優作、稲見萌寧、三ケ島かな、木下稜介、比嘉一貴(ブリヂストンスポーツ提供)

 女子プロゴルフの昨季賞金女王、稲見萌寧が26日、契約するブリヂストンゴルフが行った新ボールのオンライン発表会に登場。新作の「ツアーB X」「ツアーB XS」への好印象を口にした。

 今年に入り、Xのボールを試しているという稲見は「フェースにくっつく感じや、飛び感、全てがパーフェクトだった」と絶賛した。オンライン中継されたトークショーの最後には今季の目標を表明。「昨年よりも、というのは結構厳しいので、今年はまず1勝できるように。近い目標を立てて、どんどんクリアして、最終戦まで10個くらい近い目標をクリアできたらと思う。まず1勝目指して頑張ります」と力を込めた。

 また、発表会では今週の米女子ツアーで本格デビューする古江彩佳がビデオメッセージで登場した。ボールの印象について「ドライバーショットを打った時に風に強く、しっかり飛距離が出てくれる。アプローチ、パターのところで、すごく感触も良く、スピンが効いてくれるところが気に入っている。新しいXSのボールで米ツアーを楽しんで、たくさん経験できたら」と笑顔で話した。

 トークショーに出演した宮里優作、木下稜介、比嘉一貴、三ケ島かなはそれぞれ今季の意気込みを語った。

 宮里優作「昨シーズンは稲見選手を筆頭に、チームブリヂストンがすごく頑張った一年だったと思う。若手もベテランも頑張ってくれたので、僕もその輪の中に入れるように、まずは1勝目指して頑張っていきたい」

 木下稜介「昨年は初優勝をメジャーで飾ることができ、5年シードを取ることができた。今年は海外に挑戦していきたい。タイガー・ウッズやブライソン・デシャンボーのような素晴らしい選手と戦えるようにたくさん経験を積み、もっと強くなくなりたい。(今週は)サウジアラビアで(欧州ツアーの)試合に出場するので、新しいボールとともにしっかり成績を残せるように頑張りたい」

 比嘉一貴「新しいボールとクラブと1年間しっかり戦って、世界ランク100位以内を目指したい。国内で複数回優勝を目指して、最終戦まで賞金王のチャンスを残せるように頑張りたい」

 三ケ島かな「国内ツアーで複数回優勝を目指したい。昨年より良い成績を残して、スポットで海外メジャーに出られるように頑張りたい」

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×