新十両の島津海 来場所の目標は「十両優勝決定戦で(同部屋の)松鳳山関とやりたい」

島津海
島津海

 日本相撲協会は26日に春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、新十両などを決めた。新十両となった島津海(放駒)が26日、オンラインで記者会見。2012年春場所の初土俵から10年で関取の座を射止め「実感はないが、うれしい」と喜びをかみしめた。

 初場所中に先代師匠の荒磯親方(元大関・若嶋津)が定年を迎えた。その場所で西幕下2枚目の地位で4勝3敗と見事に勝ち越し。周囲から定年の話題を向けられることも多かったようで「周りの方からの最後だぞという言葉がいつも以上に多かった」と明かした。それでも「考えずに一番一番集中していけば、そういう方々にいい報告ができると思って、一番一番に集中することができました」と自らの相撲に向き合い、良い報告を届けた。

 先代師匠と同じ種子島出身で、昨年夏場所にしこ名を本名の「中園」から、先代のしこ名をもらい、島津海に改名した。何かと縁が深いだけに、島津海は「その名前に負けないようにというか、頑張ろうと一段階、気持ちが上がりました」と当時の思いを明かした。そして今回、関取昇進という形で実を結んだ。

 現師匠の放駒親方(元関脇・玉乃島)は「欲を言いますと、もう少し早く上がってもよかったと思っている。うれしくはありますけど、まだまだ先を見据えて頑張ってもらいたいなと思いますね。正々堂々、真っ向勝負で、ファンの方が喜んでくれるような相撲を目指してもらいたい」とゲキを飛ばした。

 新十両となる来場所の目標を問われた島津海は「同じ部屋の人とは本場所ではできないので、いい成績を残して、十両優勝の決定戦で松鳳山関とやりたいですね」と力を込めた。番付の目標を問われると「幕内には上がりたい」と回答。だが師匠の放駒親方から「それでいいの?」と促されると、「三役に上がりたいです」と“上方修正”していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請