熱海富士が十両昇進 静岡・熱海市から初の関取が誕生

スポーツ報知
熱海富士

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、西幕下筆頭で4勝3敗の成績を残した熱海富士(19)=伊勢ケ浜=の新十両昇進を決めた。所要8場所での新十両は小錦、把瑠都と並ぶ史上7位タイ。熱海市からは初の関取誕生となった。

 静岡・飛龍高校から期待されて角界の門をたたき、「20歳までには関取になりたい」という目標をかなえた。その背景には横綱・照ノ富士のほか、宝富士、照強らが汗を流している伊勢ケ浜部屋の猛稽古がある。

 熱海富士も「番数は多いと思います。普通で60番、多いときで80番くらいはやっています。それで一番一番、(伊勢ケ浜)親方(元横綱・旭富士)だったり、関取衆がアドバイスしてくれたりします。本当にいい部屋に入れたと思います」と話していた。

 さらに「横綱は自分が目標としている取り口で、尊敬するところばかり。稽古場でも横綱の相撲を近くで見えることはすごいこと。本当に恵まれている」と続けた。

 熱海市は土砂災害に襲われ、復興の途上にあり、「地元が大変な時に自分が頑張って勝って、いいニュースを届けたい思いでやってきました。自分が勝った時とかに『熱海は盛り上がっているよ』とか『応援しているからね』と言ってもらった」という。

 来場所の目標は明確に十両優勝と言い切った。そして将来的には横綱になりたいという。熱海富士もまた角界の“新しい地図”となる19歳の若武者だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×