鶴竜親方が新型コロナ感染 日本相撲協会発表

スポーツ報知
鶴竜親方

 日本相撲協会は26日、鶴竜親方(元横綱)の新型コロナウイルス感染を発表した。また、所属非公表で行司1人の感染も発表した。

 日本相撲協会によれば、ともに今朝、発熱や風邪症状がみられたため、医療機関にて抗原検査を受検したところ、陽性が判明。鶴竜親方は、陸奥部屋所属員との濃厚接触はなく、当面は自宅待機とし、居住地の保健所や感染症専門家の指示に従うという。

 また、行司については部屋居住のため、当面は別室に隔離し、今後、居住地の保健所や感染症専門家の指示に従う予定。該当部屋の所属員全員を外出禁止とし、PCR検査を実施する予定。

 協会は「全協会員におきましては、今後も『新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』に基づき感染予防を徹底し、感染拡大の防止につとめてまいります。また、両国国技館内におきましても、感染拡大予防に対応した施設環境の整備や衛生対策を推進し、国技館に出入りされる全ての皆様の健康と安全を確保するための十分な注意を行ってまいります」とコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×