ワトフォード、ラニエリ監督を解任…英ブックメーカー予想の後任候補の一番人気はファビオ・カンナバーロ氏

スポーツ報知
クラウディオ・ラニエリ氏(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのワトフォードが1月24日、クラウディオ・ラニエリ監督(70)の解任を公式サイトで発表した。

 BBCの報道によると、ラニエリ監督は昨年10月4日に就任して以来、13試合のリーグ戦の指揮を取ったが、勝ち星はわずかに2勝。来季のプレミア残留を争うノリッジ相手に21日のリーグ戦で3-0完敗を喫し、チームがリーグ19位に沈んだことで解任が決定した。

 クラブ側は残り18試合となり、2月5日のバーンリー戦までの短い冬季休暇期間をチーム立て直しの最後のチャンスと捉え、「変化が不可欠」とし、新監督に望みをかける形になった。

 ラニエリ監督はチェルシー、バレンシア、ユベントス、ローマ、インテル等、名門を渡り歩き、2015-16年には日本代表FW岡崎慎司が所属したレスターを率いて奇跡の優勝を達成。また昨季まで日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアを指揮して日本人選手とも縁がある名将だが、近年ではフラム、ローマで1年を持たずに解任されることも続いていた。

 英大手ブックメーカー『ベットフェアー』によると、次期監督の本命は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバロ氏で3倍。以下前チェルシー監督のフランク・ランパード氏5倍、前ローマ監督のパウロ・ファンセカ氏が7倍で続いている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×