DAZNが年間視聴ランキングトップ10発表 サッカー独占、根強い代表人気 J1からは1試合

スポーツ報知

 スポーツ配信チャンネルDAZN(ダゾーン)は25日、2021年におけるライブコンテンツの視聴ランキングを発表した。

 トップ10はサッカーが独占する形となり、1~5位はいずれもカタールW杯アジア最終予選に。アウェー戦の地上波放送が消滅する事態に陥った影響もあって1~4位がアウェー戦となり、5位には地上波でも放送されたホームのオーストラリア戦がランクインした。代表戦の根強い人気を裏付ける結果となった。

 6位はイングランド・プレミアリーグのリバプール―アーセナル。MF南野拓実とDF冨安健洋の日本人対決が話題となり、試合は南野のゴールなどでリバプールが4―0で大勝した。

 7位も同じくプレミアリーグのマンチェスターU―ニューカッスル。ポルトガル代表FWのC・ロナウドのマンチェスターU復帰試合が大きな注目を集めた。

 9位にはJリーグから唯一、川崎―横浜FMの開幕戦がランクイン。“金J”と呼ばれる金曜日開催となった試合で、開幕カードから1試合のみを金曜日に実施する試みが視聴者数増に貢献した形となった。

◆21年ライブコンテンツ視聴ランキング

⑴カタールW杯アジア最終予選 ベトナム―日本(11月11日)

⑵カタールW杯アジア最終予選 オマーン―日本(11月17日)

⑶カタールW杯アジア最終予選 中国―日本(9月8日)

⑷カタールW杯アジア最終予選 サウジアラビア―日本(10月8日)

⑸カタールW杯アジア最終予選 日本―豪州(10月12日)

⑹プレミアリーグ リバプール―アーセナル(11月21日)

⑺プレミアリーグ マンチェスターU―ニューカッスル(9月11日)

⑻カタールW杯アジア最終予選 日本―オマーン(9月2日)

⑼J1 川崎―横浜FM(2月26日)

⑽プレミアリーグ アーセナル―ノリッジ(9月11日)

※視聴者数は非公表

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×