【中日】寮生3人含む5選手感染で新人合同自主トレも中止 森、垣越、郡司、味谷、石岡キャンプイン暗雲

スポーツ報知
13日に合同自主トレを開始した時の中日の新入団選手

 中日は25日、森博人投手、垣越建伸投手、郡司裕也捕手、ドラフト4位の味谷(みや)大誠捕手=花咲徳栄=、石岡諒太内野手の5選手が新型コロナウイルスに感染したと発表した。球団は前日(24日)にキャンプ前のスクリーニングとして、立浪監督、コーチ、選手、スタッフ、球団職員の計210人の検査を行い、陽性判定が出た。11日にダヤン・ビシエド内野手が感染したが、チームの日本人選手では初のケースとなった。

 感染者は現時点では無症状で所轄保健所の指示を受けながら自宅療養となっている。森、垣越、味谷の3選手は、ナゴヤ球場内にある合宿所「昇竜館」で生活しており、寮内で感染が広がった可能性が高い。この日から新人合同自主トレも取りやめとなった。

 森、垣越、郡司はキャンプ1軍スタート。加藤球団代表は「陽性者と接触のあった選手には検査、自主隔離の対応をする。結果次第では27日の沖縄入りが遅れる選手が出る可能性もある」と説明。キャンプ地の沖縄入りを延期する選手が続出すれば1、2軍のメンバー、そして練習メニューの再考を強いられそうだ。

 立浪監督自身も検査を受けた24日には「今日、検査したけど、これからが大変だと思う。誰がかかってもおかしくない。出ないことは難しいと思うんで、出た中でね。球団の方と色々話しながらキャンプができるように」と話していた。感染拡大防止に努めつつ、柔軟に対応策を練っていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×