【ボートレース】鳥と相乗りで坪井爽佑が1着ゴール~桐生ボート

スポーツ報知
坪井爽佑と同乗した鳥(カメラ・佐々木伸)

 ボートレース桐生3日目の24日、第8Rは人気薄の坪井爽佑、鹿島敏弘、崎利仁がワンツースリー。3連単は6万5990円の超大穴だったが、波乱は配当だけではなかった。各選手がピットにボートを揚げると、なんと坪井のボートに一羽の水鳥がうずくまっていた。坪井は「スタートする時にメットに鳥が当たりました。体を伏せ込んだ時、足に鳥の感触がありましたから、そのままずっと相乗りでした」とのこと。某ベテラン選手は「ボラが跳ねてボートに入ってきた話は聞いたことがあるけど、鳥はないよね」。なお、負傷した鳥は保護、手当てを受けていた。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×