【日本ハム】ビッグボス・新庄剛志監督、新名刺4000枚入りポスターが札幌駅地下歩道に登場…即品切れに

スポーツ報知
札幌駅前通の地下に掲出されている新庄監督の広告(球団提供)

 ビッグボス軍団が“札幌ジャック”だ。日本ハムは24日、札幌駅前通地下歩行空間に巨大広告を掲出した。新庄剛志監督(49)の特集や選手のイメージ画像は2週間後まで貼り出され、21日に発表されていた新ユニホームの実物もこの日から1週間展示される。担当者は「ここまで大々的にというのは、今までなかったのではないかなと思います」と語った。

 ビッグボス特集には写真とともに「最終的に目指すのは世界一のチーム」「今の僕はもはや北海道出身?」などの文字も並ぶ。広告掲出は同所だけではなく、札幌の地下鉄全線全車両でも大展開。同担当者は「たくさんの方にブランドとユニホームが変わったことを知っていただきたい。興味を持っていただけるように」と狙いを口にした。

 ファンへのプレゼント用としてBIG広告に埋め尽くされていた、約4000枚の「BIG BOSS SHINJO」新名刺も数時間でなくなったという。春季キャンプまであと1週間、開幕まであと2か月。チームがビッグボスを中心に北の大地を、そして球界を盛り上げていく。(田中 哲)

◆さっそく転売か新庄監督「寂しい」

 〇…ビッグボス・新庄監督の新名刺がフリーマーケットアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク!」などで多数出品された。この日札幌駅前通地下歩行空間で自由にゲットできたものとみられる。ビッグボスは自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、「なんか寂しい気持ちになりますね」と投稿していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×