日本代表DF冨安健洋の負傷についてアーセナル・アルテタ監督が言及「数週間離脱することになる」

スポーツ報知
冨安健洋

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルを率いるアルテタ監督が23日、日本代表DF冨安健洋の負傷状況について言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

 冨安は20日に行われたカラバオ杯の準決勝・リバプール戦で、右ふくらはぎの負傷から復帰し、強行でフル出場したが、同試合で再び負傷。23日のバーンリー戦はベンチ外だった。22日には、2022年W杯カタール大会アジア最終予選に挑む日本代表への不参加も発表されている。

 バーンリー戦を欠場した冨安の状態についてアルテタ監督は、「リバプール戦ではあのポジションでプレーできる選手がいなかった。彼は90分間プレーすることができたが、再び痛めてしまった。数週間は離脱することになるだろう。できる限り早く出場可能となるよう、治療に専念する」と説明した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×