【DeNA】“ハマのギータ”ドラ6梶原昂希が早くも柵越え5発で大器の片りん「早くキャンプに行きたい」

打撃練習をするDeNAドラフト6位・梶原昂希外野手
打撃練習をするDeNAドラフト6位・梶原昂希外野手

 DeNAの新人合同自主トレが24日、神奈川・横須賀市の球団施設「DOCK」で行われ、ドラフト6位・梶原昂希外野手(22)=神奈川大=が大器の片りんを見せた。

 身長189センチで、大学時代はリーグ戦通算12本塁打。豪快な打撃と、50メートル5秒8の俊足、遠投110メートルの強肩と3拍子そろった好素材とあって“ハマのギータ”の異名を取った。この日は、フリー打撃を行うと、右翼方向を中心に39スイングで5本が柵越え。1軍スタートが決まっているキャンプへ向けて順調な調整ぶりを見せつけ「仕上がり具合は悪くないかなと思います。バッティングをしていても例年以上にすごい感覚がいいので、いい状態を作れているなと感じています」と手応えを口にした。

 プロ野球選手にしてはやや細身だが、昨年12月には1か月で20杯以上の家系ラーメンを食べて増量。年明けの入寮後は寮の食事がおいしかったことで自然と食事量も増え、2か月で約4キロ増の86・5キロになった。バットの芯部分でのスイングスピードはメジャーの平均に肉薄する111キロを計測。打球速度も、プロ野球ではトップレベルとなる166キロをマークするなど、力強さは日に日に増し「感覚的に前ほどバットを振らなくても打球が飛ぶという感覚を感じている。バッティングでアピールを一番していきたいです」と手応えもつかみつつある。

 キャンプは1軍スタートになったが、外野は佐野、桑原、オースティン、大田ら実績ある中堅組が君臨。楠本、関根、細川ら若手の成長株も多い。12球団屈指のレベルの高さだが、梶原は「トップレベルの選手がそろっている環境の中で、自分がプレーできることは色々と勉強になる部分も多い。自分が将来的にレギュラーを勝ち取るために、競争相手になる選手にもなるので、いい所をしっかり盗んで、自分のレベルアップにつなげていきたい。佐野さんだったり桑原さんだったり、去年3割以上打った選手がいる中で練習できるので、すごい楽しみで、早くキャンプに行きたいなと言う気持ちです」と心を躍らせていた。

 ◆梶原 昂希(かじわら・こうき)1999年9月19日、大分市生まれ。22歳。金池小学校4年で野球を始め、上野ケ丘中時代は軟式野球部に所属。大分雄城台高では1年からベンチ入りするも、甲子園出場はなしで通算14本塁打。神奈川大入学後は1年秋のリーグ戦で打率4割をマークして首位打者、ベストナインに輝いた。好きな女優は新垣結衣。趣味は魚釣り。右投左打。背番号「58」。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×