日テレ桝太一アナ、インスタで退社報告「正直悲しい」「前向きな転職、尊敬します」など反響

スポーツ報知
桝太一アナのインスタグラム(@masu_asari)より

 3月末で日本テレビを退社し、大学の研究員に転身することを発表した桝太一アナウンサーが23日、自身のインスタグラムを更新し、改めて退社を報告した。

 桝アナは「本日の『真相報道バンキシャ!』冒頭でご報告させて頂いた通り、3月で16年間お世話になった日本テレビを退職し、4月からは同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員として、より良い科学の伝え方(サイエンス・コミュニケーション)を研究、同時に実践していく道に進むことに致しました」と記し、本が並んだ棚をバックにした写真をアップ。

 「すぐに何かを変えられるとは思っていませんが、アナウンサーとして積んだキャリアに、これから違う能力を学び加えることで、バンキシャを通して新しい伝え手の形を模索していきたいと思っています」と決意を示した。

 「今回、まだ研究者としての実績もない私を受け入れて下さった同志社大学ハリス理化学研究所には、感謝の気持ちとともに、これからの活動で応えていく所存です。また、テレビの世界から程遠くアサリを研究していた変わり者を採用してくれたばかりか、分不相応と言える立場にまで抜擢し成長させて下さった日本テレビには、心の底から感謝しています」「この16年間の大切な“ファースト・キャリア”で培った経験を活かし、お世話になった皆様、そして何より、温かく見守って下さってきた視聴者の皆様に恩返しできるよう、新しい道へ進んでいこうと思います」と思いをつづった。

 この投稿には、「正直悲しいです」「驚きました」「正直ショックです」「一番好きなアナウンサーでした」など退社を惜しむ声のほか、「研究がいつか私達の役に立つ事を願います」「前向きな転職、尊敬します」「バンキシャは継続されると知って良かったです 時々は鉄腕DASHにも出てください」「勇気のいる決断だったと思います。頑張ってください」などエールを送るのコメントも寄せられた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×