【アメリカJCC】1番人気オーソクレースは6着敗退 ルメール騎手「たぶん少し太かった」

6着のオーソクレース
6着のオーソクレース

◆第63回アメリカJCC・G2(1月23日、中山・芝2200メートル、良)

 14頭立てで争われ、3番人気のキングオブコージ(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎、父ロードカナロア)が横山典弘騎手を背に、道中後方2番手から進め、最後の直線では外から力強く末脚を伸ばして抜け出し、1馬身半差をつけて20年目黒記念以来の重賞2勝目を挙げた。勝ち時計は2分12秒7。

 11番人気のマイネルファンロン(松岡正海騎手)が2着、4番人気のボッケリーニ(横山武史騎手)がさらに半馬身差の3着に続いた。

 3連単は72万760円だった。

 ルメール騎手(オーソクレース=6着)「良いレースだったけど、たぶん少し太かった。直線はちょっと疲れてしまった。精いっぱい走っていたと思うが」

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×