【アメリカJCC】キングオブコージ、復活V 安田翔調教師「勝つにはこれしかないという乗り方してくれた」

スポーツ報知
キングオブコージ(手前)が横山典弘騎手に導かれ、重賞2勝目

◆第63回アメリカJCC・G2(1月23日、中山・芝2200メートル、良)

 14頭立てで争われ、3番人気のキングオブコージ(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎、父ロードカナロア)が横山典弘騎手を背に、道中後方2番手から進め、最後の直線では外から力強く末脚を伸ばして抜け出し、1馬身半差をつけて20年目黒記念以来の重賞2勝目を挙げた。勝ち時計は2分12秒7。

 11番人気のマイネルファンロン(松岡正海騎手)が2着、4番人気のボッケリーニ(横山武史騎手)がさらに半馬身差の3着に続いた。

 3連単は72万760円だった。

 安田翔伍調教師(キングオブコージ=1着)「体の張りやストライドの感じから、骨折前の状態に近づいているなと感じていた。思ったより早く、ここまでの形に持ってこられたのは、ケアと立ち上げが良かったのだと感じる。レースはジョッキーに任せているし、勝つにはこれしかないという乗り方をしてくれた。今後はいったん放牧に出て、大阪杯(4月3日、阪神)を選択肢のひとつとしてオーナーと相談のうえで進めていきたい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×