池江璃花子、50M自由形を「バタフライ」で泳ぐ 国内トップレベルのレース、2位で予選通過

女子50メートル自由形予選をバタフライで泳いだ池江璃花子
女子50メートル自由形予選をバタフライで泳いだ池江璃花子

◆競泳 北島康介杯 最終日(23日、東京・辰巳国際水泳場)

 予選競技が行われ、東京五輪代表の池江璃花子(ルネサンス)は50メートル自由形に出場。同種目をバタフライで泳ぎ、25秒91の2位で予選を通過した。

 池江がスタートから浮き上がった瞬間、会場がざわついた。他の選手がクロールを泳ぐ中、池江はバタフライを泳いだ。自由形は泳ぎ方に制限はなく、他の泳法でも違反とはならない。五輪代表選手が集う国内トップレベルのレースを2位で予選通過し、タッチ後は拍手がわいた。

 池江は、この日の100メートルバタフライは棄権。3月に行われる代表選考会では、50メートルバタフライでも代表権を獲得することを目標に掲げていたが、今大会、池江らの年齢区分には自由形以外の50メートル種目は設けられていなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請