高橋二三男さん死去 西鉄やロッテなどで外野手として活躍

スポーツ報知
高橋二三男さん

 西鉄、ロッテなどで外野手として活躍した高橋二三男(たかはし・ふみお)さんが21日、死去した。73歳。22日、西武が発表した。

 高橋さんは1970年、新日鉄広畑からドラフト1位で西鉄(現西武)に入団。1年目から118試合に出場し、22盗塁を記録した。76年にロッテへ移籍し、79年限りで引退した。通算491試合出場で打率2割4分3厘、7本塁打、51打点。通夜は23日午後6時から、葬儀・告別式は24日午後2時から福岡市中央区警固3の1の7、メモリード福岡で。喪主は妻・佳子(よしこ)さん。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×