三原舞依、合計218・03点で5年ぶり優勝 日本女子6大会連続金メダル 四大陸選手権

スポーツ報知
四大陸選手権を5年ぶりに制した三原舞依(ロイター)

 ◆フィギュアスケート ▽四大陸選手権 第3日(22日、エストニア・タリン)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が、145・41点、合計218・03点のいずれも自己ベストで、2017年大会以来、2度目の優勝を果たした。コロナ禍の影響で中止となった21年大会を除き、16年大会宮原知子、17年大会三原、18年大会坂本花織、19、20年大会紀平梨花に続き、日本女子が6大会連続で金メダルを獲得した。

 SP8位の松生理乃(中京大中京高)は、142・05点、合計202・21点で5位。SP12位の横井ゆは菜(中京大)はフリー自己ベストの131・41点、合計185・34点で7位だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×