里見香奈女流名人&伊藤沙恵女流三段 名人戦第2局前日「出雲ぜんざい」に舌鼓 伊藤三段「白」星ペロリ

スポーツ報知
出雲大社へと続く神門通り沿いにある「日本ぜんざい学会壱号店」でぜんざいを楽しむ伊藤沙恵女流三段(左)と里見香奈女流名人(カメラ・谷口 健二)

 将棋の「第48期岡田美術館杯女流名人戦」五番勝負第2局が23日、島根県出雲市の「出雲文化伝承館 松籟亭」で指される。同市出身の里見香奈女流名人(29)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=と挑戦者・伊藤沙恵女流三段(28)は22日、対局場の検分後、パワースポット・出雲大社近くの「日本ぜんざい学会壱号店」で紅白の白玉入りの「出雲ぜんざい」に舌鼓を打った。

 出雲はぜんざい発祥の地とされる。V13を目指す里見は5期ぶりに初戦を落としたが、年末年始以来の帰郷でリフレッシュ。「お正月は祖母が作るぜんざいが楽しみ」というソウルフードを糧にしてタイを目指す。

 3期ぶり3度目の女流名人挑戦で、初めて先勝した伊藤は「おいしくいただきました」。里見は紅色の白玉を最初に口にしたが、伊藤は白を選択し、「白星? そうですね」と笑顔。熱々の盤上では再び「白黒」を争う。(筒井 政也)

将棋・囲碁

×