千葉真一さんお別れの会で息子・新田真剣佑と眞栄田郷敦が連名で手紙「心の中に今も変わらず息づいています」

千葉真一さんお別れの会で設けられた祭壇
千葉真一さんお別れの会で設けられた祭壇

 昨年8月に新型コロナウイルス感染による肺炎のため亡くなった俳優・千葉真一さん(享年82)のお別れの会が、千葉さんの誕生日である22日、東京・港区の増上寺で行われた。

 祭壇は千葉さんの油絵をもとにし、約4000本の菊やキキョウを使って白い富士山をデザイン。遺影には、主演映画「戦国自衛隊」(1979年)での撮影写真が飾られた。会には関係者200人、午前中に行われた一般の部には150人が参列した。

 息子の俳優・新田真剣佑(25)と眞栄田郷敦(22)は、それぞれ海外、地方での仕事のため欠席したが、連名の手紙を寄せ、「僕たちの心の中には、父親として、そして俳優としての千葉真一が、今も変わらず息づいています」とつづった。また、同日に都内のホテルで開催予定だった、娘の女優・真瀬樹里(47)が喪主を務める「しのぶ会」は、コロナ禍を考慮して延期された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請