花巻東・佐々木監督が教え子へエール 大谷に本塁打王、菊池にはサイ・ヤング賞期待

スポーツ報知
授賞式で表彰状と記念トロフィーを受け取った花巻東の佐々木洋監督

 日本のスポーツ界へ貢献した個人・団体を表彰する「日本スポーツ学会大賞」をマリナーズからFAになった菊池雄星投手(30)とエンゼルス・大谷翔平投手(27)、高校時代に2人を指導した花巻東(岩手)の佐々木洋監督(46)が受賞し、22日、都内で表彰式が行われた。出席した佐々木監督は喜ぶとともに教え子2人にエールを送った。

 大谷と菊池はコロナ禍の昨年、MLBの球宴に選出され国民に勇気と希望を与えたとして、佐々木監督は野球の技術に偏らない人材育成をしたとして、それぞれその功績がたたえられた。トロフィーを受け取った佐々木監督は「3人で受賞というのに感慨深いものがある」と喜びもひとしおだった。

 大谷はビデオメッセージで「これからも野球界、スポーツ界を一緒に盛り上げていきたい」。菊池もVTRで「野球だけでなく仲間、ベンチ外の選手への気配りが大事と教えてもらった」と恩師に感謝を伝えた。

 佐々木監督は菊池にサイ・ヤング賞、大谷に本塁打王も期待。菊池については「世界でも左投手でナンバーワンになれる」と話し、昨年11月のMVP獲得後に都内で食事をした大谷には「ホームランにこだわっていると感じた。次は数字で認められてほしい」と願った。(小山内 彩希)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×