パイレーツ・筒香嘉智が総工費2億円のプロデュース球場施設お披露目 学童教育、野球チーム設立にも意欲

スポーツ報知
地元和歌山にスポーツ総合施設をプロデュースした筒香(ロイター)

 パイレーツの筒香嘉智外野手(30)が22日、ふるさとの和歌山・橋本市内に自身がプロデュースしたスポーツ総合施設「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」の完成前報告会をオンラインで行った。今月初旬に室内練習場が完成。この日の報告会には衆議院議員で元総務大臣の石田真敏氏、和歌山・橋本市の平木哲朗市長らが出席した。

 これまでも少年野球の環境改善などを訴え続けてきた筒香。総工費約2億円を負担したプロ野球選手としては異例の試みに「自ら行動することが変わるきっかけになればと思い、建設を決断しました」。すでに完成した室内練習場に加え、今後は天然芝の両翼100メートルのメイン球場、両翼40メートルのサブグラウンド、小体育館を年内完成を目指して建設中。総面積は約3万平方メートルを予定しているという。さらに小学生の野球チームを作ること、他のスポーツも取り入れること、学童教育など、野球にとどまらない施設とするプランを明かし、「野球やスポーツだけでなく、自分で考えて行動して、決断する将来に向けて必要な要素も学んで欲しい」と願っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×