【オリックス】宮城に続いて紅林弘太郎と球団スタッフがコロナ陽性

 
 

 オリックスは22日、紅林弘太郎内野手と球団スタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 21日に感染が判明した宮城大弥投手と同じ寮生で、同日に大阪市内でスクリーニングPCR検査(対象は大阪・舞洲の球団施設利用者)を実施。紅林、球団スタッフともに無症状だが、現在は隔離療養をしている。NPBに報告した球団は23日まで新人合同自主トレを中止することを決め、個別練習とした。

 高卒3年目の紅林は昨季、遊撃のレギュラーとして136試合に出場した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請