【オリックス】宮内義彦オーナーが今季限りで勇退へ「一つの区切りができた」京セラドームで会見

スポーツ報知
今季限りでの勇退を発表したオリックス・宮内義彦オーナー(カメラ・石田 順平)

 オリックス・宮内義彦オーナー(86)が21日、京セラドーム内で会見し、今季限りでオーナー職を退くことを明かした。

 1988年11月から同職に就き、昨年は25年ぶりのパ・リーグ優勝を味わった。「一つの区切りができたと思うので、今シーズンの仕事を全うしてオーナーの席を譲ることといたしました」と説明した。後任は井上亮(まこと)グループCEO(69)が務める予定。「昨年で区切りをつけるより、球界の発展のためにもう一年尽力することが恩返しと思い、今シーズンは務めさせていただきます。今シーズンにかける当球団への思いは、もちろんリーグ連覇、日本一です」とチームへの思いも添えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×