【池添謙一のKen to 1】ブリッツファング新馬勝ち狙える動き 若駒Sは能力秘めるリューベックで勝負

スポーツ報知
池添騎手が騎乗して軽快な脚さばきを見せるリューベック。こちらは若駒Sにスタンバイ

 ブラストワンピースの現役引退が発表されました。新馬戦からコンビを組み、3歳時に有馬記念を勝利。うれしい思いをさせてもらいましたが、自分の中では負けたレースの記憶が残っています。もっとうまく乗って勝てていたら、種牡馬になるという道もあったのではないか―。騎手として責任を感じています。

 沈んだ気持ちを救ってくれたのは、たくさんの人からの言葉でした。シルクレーシングの米本昌史代表には「乗馬としてゆっくり余生を過ごすのも、馬には幸せかもしれない」と言葉をいただきました。SNSではファンの方々が温かいコメントを返してくれました。本当に感謝しています。またブラストみたいな強い馬と出合えるように、努力を続けていきます。

 土曜(1月22日)は中京で8鞍。新馬戦のブリッツファングは先週金曜の追い切りに騎乗しました。楽に好時計が出て新馬勝ちが狙えるレベル。若駒Sのリューベックはゲート試験も含めて調教に3度乗り、能力を感じました。周りを気にする面があるので、落ち着いて臨めるかがポイントになります。(JRA騎手) 

【中京】

(1)モズミツボシ    A

(3)ブリッツファング  A

(4)フォーチュンテラー B

(5)シウン       C

(6)グロースザーゲ   B

(9)チェルアルコ    C

(10)リューベック   B

(12)ヤマカツパトリシアA

 ※本紙評価、カッコ内はレース番号

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×