スノボ飛田流輝、北京五輪内定に喜び「憧れだった舞台にようやく立てる」

株式会社ウィルレイズ所属契約会見に出席した(左から)飛田流輝、志田仁社長、土田和歌子
株式会社ウィルレイズ所属契約会見に出席した(左から)飛田流輝、志田仁社長、土田和歌子

 スノーボードのスロープスタイル・ビッグエアで北京五輪代表の飛田流輝が20日、株式会社ウィルレイズとの所属契約会見に、遠征先の米・コロラド州からオンラインで参加した。「社員の方、一人一人のおかげで世界の舞台に立てていることを忘れることなく、一日一日を過ごしていきたい。今後も会社の名に恥じないような取り組みをして行きます」とコメントした。

 前日の19日には全日本スキー連盟が各種目の北京五輪内定選手を発表した。五輪出場確定から一夜明け、「ずっと憧れだった舞台にようやく立てるところまで来て、すごいうれしい気持ち。五輪でいかに自分の滑りが出せるか、出すことで結果が生まれてくると思う」と力を込める。初出場の五輪へ「挑戦する技、やりたいこともたくさんある。自分自身の滑りが出来るように、メダルを獲得出来るように頑張っていきます」とやる気十分だった。

 会見には同じく所属契約した、東京パラリンピックトライアスロン、車いす出場の土田和歌子も登壇。大舞台の先輩として「出られる喜びを感じて本番で力を爆発させてほしい。最高のパフォーマンスが出来ることを祈っています」と飛田にエールを送った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請