千葉真一さんを偲ぶ会延期、所属事務所「コロナ感染により旅立った故人を思うと、適切ではない」

スポーツ報知
昨年8月に新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった千葉真一さん

 昨年8月に新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった俳優の千葉真一さん(享年82)を偲(しの)ぶ会(22日、都内ホテル)が、開催を延期することが20日、分かった。千葉さんの所属事務所が発表した。

 新型コロナの感染拡大が急速に進み、21日から首都圏でも、まん延防止等重点措置適用が決定。同事務所は「新型コロナ感染により旅立った故人のことを思いますと、悪化するコロナ禍で、皆さんを感染リスクにさらす危険性のある『偲ぶ会』の開催は、適切ではないのでは、との考えに至りました。もとより、皆さまのお支えに感謝の念を忘れなかった千葉真一の意思に沿うことにもなるのではと存じます」と説明。今後の日程については「感染状況の推移を見ながら、再度ご案内申し上げる次第です」と理解を求めた。

 偲ぶ会は千葉さんの長女で、女優の真瀬樹里が喪主。発起人には、東映の手塚治代表取締役社長、三池崇史監督、深作健太監督、市川猿之助、谷隼人、真田広之らが名を連ねている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×