川崎DF登里享平、即戦力SB加入も「アドバイスできることあれば全然していく」「逆に自分も吸収」

スポーツ報知
オンライン取材に対応した川崎DF登里享平。マスクで顔を隠した姿で登場し、画面越しに報道陣の笑いを誘う

 リーグ3連覇を狙う川崎のDF登里享平が19日、オンラインで行われた取材に対応し、今季の意気込みを語った。

 今季も副主将を務める登里は「昨年も苦しかったが、(3連覇を狙う)今年はさらに厳しいシーズンになると思っています。コミュニケーションを取りながら全員で同じ方向を向いて、一人ひとりが成長しながらチームとしても成長していきたい」と意気込みを語った。

 今季は同じポジションに、大学NO1サイドバックの呼び声高いDF佐々木旭が流通経済大から加入した。鬼木達監督はこの日の会見で佐々木について、センターバックや右サイドバックでの起用も選択肢としつつも、左サイドバックを基本線として考えていることを示唆した。登里にとっては強力なライバルがチームに加わった形となる。

 それでも登里は「お互いコミュニケーションを取りながらやっていけたら」と共闘の姿勢を強調し、昨シーズン中に佐々木が練習参加した際のやり取りも明かした。

「旭の方から、ポジショニングでこの場合は…?と聞いてきて。立ち位置だったり相手のアプローチからの逃げ方だったりとか、優位性を持てるようにポジショニングを教えてあげたりした。聞かれたことに答えることで、自分の頭の中も整理された」

 助言を送ることによる“相乗効果”にも手応えを示し、「旭に限らず、アドバイスできることがあれば全然していく。旭も頭のいい選手なので、逆に自分も吸収していけたら」と力を込めた。

 鬼木監督は、現在の川崎の最大の強みが「競争力」にあると強調している。登里は「チームなので常にそういうポジション争いはあります。自分も出られなかった時もありますし、今もポジションが確約されているわけではない。しっかり監督だったりチームメートの信頼を勝ち取っていけたらなと思います」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×