石橋穂乃香、父・石橋貴明と鈴木保奈美の再婚振り返り告白「すごくショック。だいぶ荒れていた」

石橋穂乃香
石橋穂乃香

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明の長女で女優・石橋穂乃香(32)と、歌手の田原俊彦の長女で女優・田原可南子(27)が、19日に放送されたフジテレビ系のバラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」に出演した。穂乃香は9歳の頃に両親が離婚したことを振り返り、「(当時は)だいぶ荒れていた」と激白した。

 両親の離婚後、母とハワイに移住したと話し、「別れたことはそんなに気にしなかったけど、(父に)新しい家庭ができたことがすごくショックで、父のことを“好きさ余って憎さ100倍”じゃないけど、そういう気持ちの時期だった」と吐露。父・貴明が1998年に女優の鈴木保奈美と再婚したことで「自分はいらない存在なんじゃないかみたいな。何してほしかったというわけではなくて、一緒に居てほしかった」と切実な思いを明かした。

 貴明は、21年7月に鈴木と離婚したことを公表。穂乃香自身はアパレル会社勤務の男性と20年12月に知人を通じて知り合い、翌21年7月に結婚した。

 一方、田原可南子は勝負事が大好きと明かし、「旅行に行った時に友達とカジノに行ったり、競馬で全部なくしした」と告白。父・俊彦については「昔から放任主義で、『自分で行けるところまで行ったらどうだ』という。相談したいことはしたい」と打ち明けた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請