プロ野球「リクエスト」リプレー検証で新定義 審判団判断となる「確証がない映像」とは

スポーツ報知
 

 12球団監督会議が19日、オンラインで行われた。

 各球団の監督、審判長などが出席し、今季の試合挙行に関するルール等の確認が行われた。

 その中でリプレー検証「リクエスト」について新定義がつけ加えられた。

 リプレー映像の検証時間は「5分以内」で、確証のある映像がない場合は審判団の判断とするのは昨年までと変わらないが、「確証がない映像」とはどのような映像なのかについて、3つの定義づけがなされた。

 〈1〉グラウンドの土などでタッグやベースへの走者の足の入りが確認出来ない。

 〈2〉プレイがその他のプレーヤー、または審判員でブラインドになっている。

 〈3〉映像自体がぶれている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×