【ソフトバンク】小久保裕紀2軍監督が第2のあぶさん育てる!選手の個性を「伸ばしてあげられるように」

スポーツ報知
ファーム施設を視察後、取材に応じる小久保2軍監督

 ソフトバンクの小久保裕紀2軍監督(50)が18日、第2の「あぶさん」「ドカベン」の育成を誓った。あぶさんの主人公・景浦安武の背番号90を“継承”する指揮官は、漫画家・水島新司さん(享年82)の死を悼み「この番号を大切にしながら、先生の思いを忘れずに野球人生を歩んでいきたい」と力を込めた。

 現役時代の背番号9に0を並べた「90」は侍の監督就任時に自ら選んだ特別な番号で、ヘッドコーチとして球団に復帰した昨季からもつけている。水島さんとは食事に行く間柄だったという小久保2軍監督。ドカベンのプロ野球編では、当時ダイエーに入団した岩鬼正美に三塁のポジションを奪われ、二塁や一塁に回されたが「岩鬼好きでしたよ」と笑い飛ばした。

 この日は福岡・筑後市内のファーム施設を訪問。新人合同自主トレでは「打てると思えばボール球でも(打つ)」とドラフト4位の野村勇=NTT西日本=が岩鬼ばりの“悪球打ち”を見せる場面もあった。「強烈なインパクト、何か一つ秀でたものがある方がこの世界では強い。そういう選手を見つけて、伸ばしてあげられるように」と背番号90。個性を尊重し、漫画のようなスーパースターを育て上げる。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×