佐藤アツヒロが三刀流 初の原案・構成・演出舞台「教えることが本当に難しい」

スポーツ報知
「告白」の開幕直前取材に応じた佐藤アツヒロ(右端)と(左から)綺咲愛里、松島庄汰、谷佳樹、吉本実憂

 元光GENJIの佐藤アツヒロ(48)が18日、東京・浅草九劇で自身初の原案・構成・演出を務める舞台「告白」の初日を迎え、開演直前取材に応じた。

 大学時代の友人の男女4人が数年ぶりに再会し、1人の告白を契機に次々と“過ち”が引き起こされていくストーリー。佐藤が「小学校の時の片思い」や「廊下ですれ違う時のときめき」など自身の記憶を思い返して「ロマンスとミステリーを混ぜた作品」を完成させた。

 普段は“出る側”の佐藤は「どこまで言っていいのか。教えることが本当に難しくて」と語ったが、出演者は佐藤の演出を絶賛。谷佳樹(34)が「パッションがあって、常に作品の中心にいてくださる」と言えば、綺咲愛里(30)も「私の引き出しにないものを引き出してくれて」と話した。

 自身初の“三刀流”に挑戦した佐藤は「もし映画化とかアニメ化されたらうれしい。ここからスタートして、いずれそういうことになったらいいな」と“続編”に意欲を示していた。公演は2月4日まで同所で。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×