【オリックス】ドラ1・椋木が初ブルペンで22球「素直に楽しかった」

スポーツ報知
ブルペンで投球練習をするドラフト1位・椋木蓮

 オリックスのドラフト1位・椋木蓮投手(21)=東北福祉大=が18日、新人合同自主トレで初めてブルペン入りした。ドラフト3位捕手の福永を相手に、立ち投げで22球。小林2軍監督も見守る中で、力強い直球にスライダー、フォークも試した。最速154キロで先発、救援ともにこなせる即戦力右腕。この日の大阪は最高気温7度だったが「この時期に投げるということがなかったので、素直に楽しかったという感じがありました。だいぶ暖かくて、投げやすいです」と声を弾ませていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×