2022年は9つの野球&ソフト&ベースボール5世界大会を開催へ、女子W杯は行われず

女子W杯のトロフィー
女子W杯のトロフィー

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は18日、今年開催する主催国際大会を発表した。コロナの影響で20年以降は予定されていた大会の延期、中止が相次いでおり、昨年は東京五輪と野球U23W杯、ソフトボールU18W杯の開催にとどまっていたが、今年は5人制の新競技・ベースボール5を含め9大会が行われることになった。18年以降開催されていない女子のW杯は見送られた。

 同連盟のフラッカーリ会長は「2022年ももっと多くの大会が見られることを楽しみにしています」とコメント。一方で「できるだけ予定通りに国際大会を実施することは重要ですが、アスリート、オフィシャル、ファンの皆さんの安全と健康も同じく大切です。今後も世界的パンデミック禍の最新状況に合わせていくつもりです」と、柔軟な対応を示唆している。

 【野球】

 ▽U12W杯(7月29日~8月7日、台湾)

 ▽U18W杯(9月9日~18日、米国)

 ▽U23W杯(10月14日~23日、台湾)

 ▽U15W杯(8月後半予定、開催地未定)

 【ソフトボール】

 ▽ワールドゲームズ(女子)(7月9日~13日、米国)

 ▽U12男女混合W杯(8月10日~14日、台湾)

 ▽U23男子W杯(10月22日~30日、アルゼンチン)

 ▽男子W杯(11月26日~12月4日、ニュージーランド)

 【ベースボール5】

 ▽W杯(開催日程、開催地未定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請