イチローのワンバウンド打ちの出発点は水島新司さんが球児に託した夢

スポーツ報知
水島新司さん

 「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩(うた)」などの野球漫画で知られる漫画家の水島新司(みずしま・しんじ)さんが10日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。1970年代から半世紀にわたって国民的野球漫画の数々を描き続けたが、2020年に引退し、闘病していた。

 * * *

 新潟市立白新中学時代、本当は野球部に入りたかった。しかし、水島さんは家業の鮮魚店の手伝いで忙しく、野球どころか学校への通学も自由ではなかった。

 時々登校すると、教室の窓から見えたのが、後に甲子園常連校となる新潟明訓高グラウンドだった。野球部の練習風景を見て、心の底から憧れた。

 十数年後、代表作となる「ドカベン」を描き始めた時、少年の日の夢を託した。山田太郎、里中智、岩鬼正美、殿馬一人らのキャラクターたちは明訓高野球部員として、甲子園で躍動した。最大のライバル校である神奈川・白新高は母校の中学の名前からもらった。

 夢を託した作品は長い時間の中で、逆に球児に夢を与えるようになった。岩鬼が好きだったイチローは、愛工大名電高時代にキャラクターの象徴である悪球打ちを研究。プロ入りしてから、水島さんに明かした。後にワンバウンドの球を安打するほど、あらゆるボールをミートする技術の出発点には、水島さんが球児に託した夢があったのかもしれない。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×