【巨人】重信慎之介と萩原哲が新型コロナに感染 球団のスクリーニング検査で発覚

巨人・重信慎之介
巨人・重信慎之介

 巨人は17日、重信慎之介外野手と萩原哲捕手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 両選手は球団が同日にスクリーニングのために実施した検査で陽性の判定が出たため、医療機関の診察を受けた結果、陽性と診断されたという。重信は発熱や咳などの症状はなく、萩原は15日夜に発熱したものの、16日以降は平熱に戻っており、ともに自宅療養している。

 重信は6日から熊本県内で自主トレを行い、15日に帰京。16日は休養日だった。ジャイアンツ球場は利用しておらず、チーム内に接触頻度が高い選手やスタッフはいない。萩原は4日から14日まで、都内の施設で自主トレを実施。同じ施設で自主トレをしていた保科が15日に陽性判定を受けたため、同日に球団が用意した隔離用のアパートに移って待機していた。球団はこの施設と連絡を取り、接触状況の確認を進めている。

 球団では6日以降、選手、監督、コーチ、スタッフ全員を対象に、新型コロナウイルスのスクリーニング検査を繰り返し、実施している。17日も選手やチームスタッフ計42人の検査を行ったが、重信と萩原以外は全員、陰性だった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請