ソフトバンク柳田悠岐、日本ハム清宮幸太郎、ロッテ安田尚憲、西武戸川大輔ら8人コロナ集団感染 佐賀で合同トレ

1月12日の合同自主トレ後、記念撮影に納まる(左上から)ロッテ・安田尚憲、西武・戸川大輔、ソフトバンク・柳田悠岐、(左下から)日本ハム・清宮幸太郎、ソフトバンク・谷川原健太、ソフトバンク・真砂勇介(カメラ・岩崎 龍一)
1月12日の合同自主トレ後、記念撮影に納まる(左上から)ロッテ・安田尚憲、西武・戸川大輔、ソフトバンク・柳田悠岐、(左下から)日本ハム・清宮幸太郎、ソフトバンク・谷川原健太、ソフトバンク・真砂勇介(カメラ・岩崎 龍一)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手を中心に佐賀・嬉野市内で合同自主トレを行っていた、柳田、日本ハムの清宮幸太郎内野手、ロッテの安田尚憲内野手、西武・戸川大輔外野手を含む6選手、2人のスタッフを含む計8名が新たに新型コロナウイルス陽性と判定されたことが17日、明らかになった。この日各球団が発表した。

 ソフトバンクは谷川原健太捕手、真砂勇介外野手の陽性判定確認も発表した。

 安田が15日に発熱などの体調不良を訴え、16日に自主トレ参加の12人がPCR検査を受けたところ、8人の陽性が判明。それぞれは所轄保健所の指示により、公共交通機関を使用せずに移動し、療養施設(指定ホテル)または自宅にて療養している。陰性判定を受けたスタッフ4人は所轄保健所の濃厚接触者判定までは、公共交通機関を利用せずに移動して待機中だという。

 ◇年明け1月からの球界のコロナ感染

 ▼岡留(阪神) ドラ5新人は帰省先の沖縄で感染。4日夜に発熱し、5日に判明。6日予定だった合宿所「虎風荘」への入寮を見送った。

 ▼ビシエド(中日) 11日の来日の際にPCR検査で陽性反応。オミクロン株であることも判明した。

 ▼フランスア、コルニエル(広島) 来日前のPCR検査で感染が判明したと球団が12日に発表。2月1日の宮崎・日南キャンプスタートに間に合わないことが確実となった。

 ▼渡辺陸(ソフトバンク) 12日に感染が判明。11日に福岡市内で中村晃、栗原らと自主トレを公開していたが、一緒に練習していた4選手とスタッフ3人は全員陰性だった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×