【ソフトバンク】甲斐拓也“糖類阻止”で打率2割8分だ 大好物のコーラ控え「今までの自分超える」

スポーツ報知
自主トレを公開、メディシンボールを使いトレーニングを行う甲斐拓也(右)と嶋基宏(カメラ・渡辺 了文)

 ソフトバンク・甲斐拓也捕手(29)が16日、“糖類阻止”でキャリアハイを宣言した。地元の大分市内で自主トレを公開。2時間半の打撃練習を含む約7時間の超ハードメニューをこなし「体重も落ちて(いい成績に)絶対つながると思います。今年の設定は今までの自分を超えるというところ」と自信を浮かべた。

 大好物を制限したことが功を奏している。太りやすい体質だという甲斐は今オフ、晩ご飯の時に炭水化物を抜くことを意識。加えて用意した秘策は「夜のコーラを抜くことです」。普段お酒を飲まない分、毎日のように飲んでいたコーラを週1回程度に抑え、代わりにお茶で水分を摂取。目標の5キロ減に届いたかは「ご想像にお任せします」とはぐらかしたが、糖類を控えている効果もあり、体調はかなり良さそうだ。

 「(昨季は)五輪後に少しずつ体重が増えて。そういったところを藤本監督とも話して、オフは意識しようということだった。今季は2割8分、最低ライン2割7分という考え方で頑張りたいと思います」

 自己最高の打率は19年の2割6分。昨季は東京五輪後の8月に月間1割5厘と失速し、2割2分7厘に終わったが、決して不可能な数字ではない。現在は練習をともにするヤクルト・嶋から右打ち技術を学んでいる最中。「(打順は)9番がいいです」と笑い飛ばしたが、指揮官の中では2番を任せる構想もある。22年は自慢の盗塁阻止だけではなく、シャープな打撃で魅せていく。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×