元ソフトバンクのキューバ出身、コラス外野手がホワイトソックスと合意

スポーツ報知
オスカー・コラス

 米大リーグは15日(日本時間16日)、国際FA選手との契約可能期間がスタートしたが、元ソフトバンクのオスカー・コラス外野手がホワイトソックスと契約金270万ドル(約3億円)で合意した、と大リーグ公式サイトが伝えた。

 キューバ出身で23歳のコラスは2017年から19年まで3年間、ソフトバンクに所属。1軍デビュー戦となった2019年8月18日の西武との試合で初打席初本塁打を記録するなど7試合で打率2割7分8厘、1本塁打だったが、ファームでは66試合、打率3割2厘、11本塁打、46打点を残した。

 しかし、ソフトバンク所属のまま2020年1月に亡命、NPBは制限選手としたが、同年12月、ソフトバンクが自由契約にした。

 今回のFAの中ではプロスペクト5位にランクインしていた。

  キューバ出身で日本球界をへて亡命し、メジャーでプレーしている選手には元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手や元巨人のレンジャーズのホセ・ガルシア外野手らがいる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×