15歳・ワリエワ、合計259・06点で優勝 ロシア勢が表彰台独占 欧州選手権

スポーツ報知
カミラ・ワリエワ

◆フィギュアスケート ▽欧州選手権 最終日(15日・タリン)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高をマークし首位発進した15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が、168・61点、合計259・06点で優勝した。

 フリー「ボレロ」では、2本目に跳んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒。演技後半にもジャンプでミスが出るなどし、自身が持つ世界最高のフリー185・29点、合計272・71点には届かなかったが、冒頭の4回転サルコーではGOE(出来栄え点)4・43点、4回転―3回転の連続トウループではGOE4・07点と、決めたジャンプで高い加点を引き出してみせた。

 表現面を評価する5項目の演技構成点も全て9点台を並べ、75・03点と全選手で最も高かった。

 SP4位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が、冒頭に4回転フリップを決め、

フリー自己ベストの168・37点、合計237・42点で2位、SP3位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が合計234・36点で3位となり、ロシア勢が表彰台を独占した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×