レッズ・秋山翔吾が小学生に約束「今年は打つよ、頑張るよ」…静岡・下田市で野球教室&講演会

スポーツ報知
子供のバットを見て笑うレッズ・秋山翔吾

 レッズ・秋山翔吾外野手(33)が15日、自主トレを行う静岡・下田市の市制50周年記念事業で野球教室と講演会を行った。18年から5年連続で自主トレを行う下田市のファンに、今季の活躍を宣言。小学生から今季の目標を問われると「いっぱい試合に出ることです」と力強く言い切り、「今年は打つよ、頑張るよ」と約束した。

 3年契約最終年となるシーズンも、メジャーはロックアウト中。春季キャンプスタートに黄色信号が点滅するなど先が見えない状況だ。それでも当面は国内で調整する見込みの秋山は「トレーニングを続けながら、いつでも(米国に)行ける準備をしておくべき」と気を引き締め直した。

 小学4、5年生68人を対象に行った野球教室では、小学生投手と2打席のガチンコ対決。左、右に安打を放って笑顔を見せ「昨シーズン、あのヒットは出ませんでしたからね…」と自虐気味に振り返っていた。(安藤 宏太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×