【高校野球】東海大相模、センバツ「6校目」の吉報待つ…練習は「全て甲子園基準でやっています」

スポーツ報知
センバツへの思いを語る、元巨人の東海大相模・原監督

 昨春のセンバツ覇者の東海大相模(神奈川)が15日、神奈川・相模原市の同校グラウンドで練習を公開した。昨秋の関東大会は8強止まり。センバツの選考では関東・東京の6校目を争う状況だが、元巨人捕手の原俊介監督(44)は「選んでいただける可能性がある以上は、(甲子園が)ある前提でずっと練習を続けています」と話した。

 選手の思いも同じだ。最速142キロで、打でも中軸を担う求(もとめ)航太郎投手(2年)は「普段の声かけやスピード感など、全て甲子園基準でやっています」。この日の実戦練習でも、一つ一つのプレーに大きな声が響いていた。

 昨年も「6校目」の選出で頂点まで駆け上がった。「甲子園で戦っているイメージしかないですし、優勝しか見ていません」と松山拓馬主将(2年)。同校のモットーである「アグレッシブ」な姿勢を貫き通し、28日の選考委員会での吉報を待つ。(浜木 俊介)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×