【オリックス】宮城大弥が山本由伸に宣戦布告「取りたいのは防御率。物を言えるように」

スポーツ報知
キャッチボールをする宮城大弥

 オリックス・宮城大弥投手(20)が絶対的エースの山本に改めて対抗心を燃やした。15日、大阪・舞洲で自主トレを公開。昨季リーグMVP、沢村賞など9冠に輝いた右腕に「取りたいのは防御率。いろんなタイトルを取って、物を言えるようになりたい」と宣戦布告した。

 2年目の昨季は13勝を挙げ、パの左腕最年少で新人王を獲得。しかし、勝利数、防御率、勝率はいずれも山本に阻まれてリーグ2位に終わっただけに一泡吹かせたい。「あの人もバチバチに来そう。シーズンが始まったら(勝負に)乗っかりにいきます」と力を込めた。

 年末年始は地元・沖縄に帰省。ブレイクを果たしての凱旋だったが「過ごしたのも去年と同じメンバー。友達少ないんですよ」と意外にも反響は小さかった様子。それでも母校・興南高での成人式に出席するなど気心の知れた仲間と過ごし「いいオフにできた」と来季に向けてリフレッシュした。

 運転免許もこのほど取得。借りた車で信貴生駒スカイラインを走り、大阪の夜景を堪能したという。念願の外車の購入は車種まで決定済みで「外車で初心者マークを貼ってたら僕だと思ってください」と笑わせた。「チームへの貢献を優先して自分の結果も。13勝を超えられたらいいと思います」。新成人としての目標は“昨季の自分超え”。2番手にとどまるつもりは毛頭ない。(南 樹広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×