中大・清水達也監督、宮井勝成さんの教え継承「中央大学なんだから道の真ん中を歩ける人間になれ」

スポーツ報知
中大の清水達也監督

 早実、中大の監督として全国制覇を果たし、2020年8月7日に94歳で亡くなった宮井勝成さんを偲ぶ会が15日、東京・品川プリンスホテルで行われた。

 早実時代の教え子、ソフトバンク・王貞治球団会長や、中大時代の教え子、ヤクルト小川淳司GM、巨人・阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチなど約300人が訪れた。

 宮井さんは母校・早実を率い、エース・王貞治を擁して1957年のセンバツで優勝。59年から93年までは中大を指導し全日本大学野球選手権を3度制した。

 この日は中大野球部の清水達也監督も出席。プロ野球に多くの教え子を送り出している清水監督は、宮井さんについて「野球を離れてからの人生、そういうことをすごく教えていただいた。僕らが大学で中央に来て、誇りを持って生きていけるのもオヤジのおかげだし、生徒にも言っているのは(宮井さんに)よく言われたんだけど『うちは中央大学なんだから道路の真ん中をしっかり歩ける人間になれ』と。隅っこだとか、日の当たらないところを歩くような人間になるんじゃなくて、堂々と真ん中を歩ける人間になれ、とよく言われていたので、僕もそういう気持ちで教えている。宮井イズムを伝えていきたいと思ってやっています」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請