早実、中大で全国制覇、宮井勝成さん偲ぶ会に300人 ソフトバンク王貞治会長ら…主な出席者

スポーツ報知
宮井勝成さんの偲ぶ会で思い出を語った発起人のソフトバンク・王会長(カメラ・池内 雅彦)

 早実、中大の監督として全国制覇を果たし、2020年8月7日に肺がんのため94歳で亡くなった宮井勝成さんを偲ぶ会が15日、東京・品川プリンスホテルで行われ、教え子など約300人が出席した。

 宮井さんは1926年、東京・杉並生まれ。早実で1941年の選抜中等学校野球大会に出場し、44年に予科練入り。戦後、中大に進み捕手、外野手として活躍して主将も務めた。

 卒業後、証券会社に勤務も、体を壊して2年ほどで退社。実家のすし店を経営しながら、55年から早実監督を務めて57年センバツ優勝。59年秋から中大監督を務めて計6度の東都リーグ優勝。全日本大学選手権は3度制覇し、明治神宮大会は74年に優勝。93年まで監督を務め、その後は総監督として母校を常に気にかけていた。元巨人の末次利光氏は娘婿にあたる。

 ◇主な出席者(順不同、一部敬称略)王貞治、徳武定祐、大矢明彦、末次利光、吉田孝司、福田功、堀江康亘(早実センバツ優勝時の主将)、高木ブー、小川淳司、石井丈裕、永井智浩、堀田一郎、阿部慎之助、亀井善行、会田有志、鍵谷陽平、清水達也(中大監督)、生田勉(亜大監督)、鳥山泰孝(国学院大監督)、大倉孝一(駒大監督)河原井正雄(元青学大監督)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請